2005年07月23日

ニートは64万人、3年連続で同水準 労働経済白書

 厚生労働省は22日発表した04年の雇用情勢を分析した「05年版労働経済白書」の中で、仕事も通学もせず職業訓練も受けていない「ニート」に相当する若年無業者は64万人、フリーターは過去最高だった前年に比べて4万人少ない213万人と推計した。若年無業者は3年連続の同水準で高止まりし、フリーターは景気の回復で企業が新卒者の採用を増やしたため、82年の調査以来初めて減少に転じた。

 若年無業者は、仕事と求職活動をしていない15〜34歳のうち、家事や通学もしていない人の集計。昨年の白書ではこの条件に「学校を卒業した未婚者」という絞り込みを加えたため、03年は52万人としていた。だが、不登校や中退者が含まれなかったとして定義を改め、過去にさかのぼって再集計した。

 その結果、IT(情報技術)バブルの崩壊などによる景気の悪化が影響し、02年は前年より15万人増の64万人に膨れ、以後3年間同数だった。だが、年齢層別では、25〜34歳が02年の35万人から毎年1万人ずつ増える「高年齢化」が見られた。


若い人は採用されて減ったけれど、若くないニートは増える一方ってことですか
posted by 前田 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

就職した若者の半数が転職や離職・内閣府調査

内閣府は30日、若者の自立に関する意識調査の結果を発表した。就職したことのある若者のうち約半数の49.4%が転職や離職した経験があることが分かった。離職・転職前の勤め先の勤続期間は1年以上2年未満が12.2%で最も多く、平均約27カ月だった。

 調査対象は15歳から29歳の7500人。学校卒業や中退後に働いた経験のある2133人のうち最初の就職先に今も勤めている人は46.5%。離職理由は(1)仕事が合わない・つまらない(26%)(2)人間関係が良くない(17.8%)(3)結婚・出産(14.8%)(4)賃金が低い(14%)――の順だった。

 青少年のコミュニケーション能力では、インターネットで知りたい情報を集めることを「うまくできる」と答えた人が48.2%とほぼ半数だったのに対し、よく知らない人と自然に会話することができる人は26.2%にとどまった。自分の意見を人に説明することができるも25.2%だった。


半分も離職してるんですね、それも2年で。
よっぽど就業環境の良くない会社が多いのでしょう。
この不況の時代、せっかく新卒で入った大きめの会社は辞めたくないはずですが・・。
ひきこもりやニートになるようなコミュニケーション下手な若者って
多いといえども学校の中とかではかなり少数派です
ひどい会社が多いのでしょうね
みなさんに正社員を薦めていいものなのか、考えさせられますね
posted by 前田 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

無職の若者「焦っていない」4割超…内閣府調査

内閣府は30日、「青少年の社会的自立に関する意識調査」の結果を発表した。無職の青少年の4割超が「焦っていない」とする一方、7割近くは親の「働いた方が良い」という厳しい視線を感じていることがわかった。

 調査は1、2月、15〜29歳の青少年とその親7500人ずつを対象に実施した。回答率は54・5%。

 青少年では、回答者の4・0%(162人)が無職だった。このうち、41・4%は「求職活動中」だったが、「ニート」と見られる「特に何もしていない」人も18・5%いた。

 無職の人のうち、働いた経験のある人に離職理由を聞いたところ、「仕事が合わない、つまらない」が27・4%、「人間関係が良くない」が21・2%だった。

 無職の状態を「焦っている」人は54・3%だったが、「焦っていない」も42・0%いた。69・8%が「親から働いた方が良いと思われている」と答えた。



焦っても何の解決にもならないですし、
いくら頑張っても採用されない状況で焦っていると、心の病気になってしまいます

むしろこっちが気になりました
69・8%が「親から働いた方が良いと思われている」

30.2%の親は働かなくていいと思ってるんでしょうか・・・?
posted by 前田 at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。