2005年10月29日

給料の実態

■りそな銀行(37) 35万円。「03年の実質国有化以降、年収600万円超が3割カットされ、今ではボーナスもない。諸手当も減らされ、手取りはたった18万円」

■NEC(51) 55万円。「最ももらってた頃と比べて月額約10万円も減った。2年前の赤字時期に出張手当を半額にされたのも痛い。社食や売店利用代を差っ引かれると手取りは34万円しかない」

■NTT西日本(50) 30万円。「3年前の明細と比べると手取りで7万円減った。基本給は手取りで18万円。情け容赦ないリストラ攻勢に毎日が針のむしろだ」

■ソニー(32) 52万円。「基本給は他社に比べて高いかもしれないけど、仕事もハード。土日の海外出張も休日出勤扱いにならず、手当はわずか1000円しかつかない」

■日本郵政公社(35) 30万円。「公務員は安定しているから就職したのに、民営化で台無し。しかも民営化前なのに営業ノルマがきつくなってきているから大変」

■防衛庁(40) 62万円。「若いうちから金を貯めたければ自衛官がいいっていうけどその通り。官舎に住めばほとんどお金を使わないし。毎月18万円貯金してます」

■阪神電鉄(25) 28万円。「車掌という人命をあずかる仕事の割に安すぎる。JR西日本みたいに何かあれば責任追及されるのだし……」

 編集した東邦出版の中林良輔氏が言う。

「逆風下の企業で働いたり、中高年のサラリーマンがいかにひどい待遇か、よく耳にしますが、実際に給与明細を手にしてそのすさまじさに驚きました。一方、防衛庁や市役所、県庁勤めの公務員もやはり、労働条件の割に高給、厚遇ですね」

 給与明細はサラリーマンの実情を映す証明書だ。

10月28日10時00分 ゲンダイネット



NTT西日本(50) 30万円。 ←マジですか
夢も希望もないですね、ボーナスが多いんでしょうが、天下のNTTで50歳
そんで月収30万は厳しすぎでしょう
こんな給料ならフリーターの方がいいのかもしれない・・・
posted by 前田 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。